五角形の柿で合格間違いなし

JA豊橋柿部会「合格次郎柿」石巻中3年生に贈る

2017/10/28

 JA豊橋柿部会は27日、五角形の形状にちなんで名付けた「合格次郎柿」を、柿の生産が盛んな豊橋市石巻地区にある市立石巻中学校の3年生128人に贈った。

 通常は四角形の次郎柿に、規格外の五角形になるものがまれにある。柿農家有志でつくる同部会技術改善研究会は2004年、きれいな実を残して受験シーズンの必勝アイテムとして売り出した。

 地元中学の受験生を応援しようと、石巻中3年生にも毎年プレゼント。食が多様化する中で、地域特産の柿に関心を持ってもらう狙いもある。27日、同校で贈呈式があり、同研究会の鈴木義弘さんが合格次郎柿28個を届けた。

 鈴木さんは「体に気を付けて受験を頑張って」とエール。受け取った生徒は「この柿を食べて3年生全員、志望校に合格できるよう頑張る」と話した。昼食時に切り分けて皆で食べるという。

 合格次郎柿は語呂合わせで1個509円(税別)。同JAの直売所「ゆめ彩館」(同市石巻本町)で販売するほか、東京方面に出荷される。

2017/10/28 のニュース

合格次郎柿を受け取り喜ぶ生徒たち(豊橋市石巻中学校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.