吹き返しの風に注意を

台風22号 東三河に激しい雨と強風

2017/10/30

 台風22号は29日午後、潮岬の南南東の海上を東北東へ進んだ。愛知県は風速15メートル以上の強風域に入り、風雨が強まった。名古屋地方気象台によると、台風は30日未明までに関東の東海上で温帯低気圧に変わる見込みだが、勢力が維持されるため、県内では吹き返しの風が強く吹く見通し。

 雨は、28日午前4時の降り始めから29日午後5時までに、田原市伊良湖で118・5ミリ、豊橋市で94ミリを観測。

 最大瞬間風速は、伊良湖で同日午後2時21分に18・8メートル、蒲郡市で同2時47分に18・7メートル、豊橋市で同3時7分、18・1メートルを記録した。

 30日の最大風速は、県内の陸上で13メートル、海上で20メートル。最大瞬間風速は陸上で25メートル、海上で30メートルの見込み。

 同日に予想される波の高さは外海4メートル、内海2メートル。

2017/10/30 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.