税務に関する講演会開催

鈴木克也氏講師に迎える/東三河法人会

2017/10/31

 東三河法人会は新城法人会と合同で「第31回調査部所管法人税務研修会」を30日、ホテルアソシア豊橋で開いた。両法人会の会員をはじめ、豊橋税務署の山田邦夫署長ら来賓が出席した。

 講演会では、名古屋国税局調査部次長の鈴木克也氏が講師を務め「税務に関する最近のトピックス」と題して講演。国際戦略トータルプランとしての国際課税の取り組みの現状と今後の方向性について、国際的な租税回避事案に対応するための国際担当の局統括国税実査官の増設や租税条約等ネットワークの拡大などについて解説した。

 また、スマート化をめざした税務行政の将来像についても説明。ICT(情報通信技術)とAI(人工知能)を取り入れた情報システムの高度化や内部事務の集中処理、自治体との連携などを検討していることなどを伝えた。

 その後の研修会では、申告書の作成や消費税の軽減税率制度などについて理解を深めた。

2017/10/31 のニュース

講演会の様子(ホテルアソシア豊橋で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.