FB社の女性起業家支援活動1周年

豊川「コミュニティカフェ・ファンファクトリー」の井上暁子さん/記念イベントパネリストに/来春店舗開店の女性にアドバイスも

2017/11/01

 交流サイトを運営する米フェイスブック社(FB)が、世界各国で力を入れている女性起業家の支援活動「#起業女子」。その日本での取り組みが1周年を迎え、10月中旬、東京都内で記念イベントが開かれた。パネリストの1人に、豊川市末広通にある「コミュニティカフェ・ファンファクトリー」の井上暁子さん(45)が選ばれ、支援活動の利用者1000人の代表として登壇。地域で輝く人が活躍できるレンタルカフェの運営やSNSの活用度、クリエイティブな内容などが評価された。

 暁子さんは「まちのみんなでシェアする空間」をコンセプトに、夫で建築家の貴仁さん(ミタキスペースファクトリー)と共に2012年、ファンファクトリーをオープン。運営は暁子さんが行い、各種教室やレンタルカフェ、ライブなどに格安で場所を提供している。当日の様子など、生き生きとした写真と共に随時SNSで発信。それらを見て、遠方から訪れる人もいるという。

 そんな中、暁子さんは、FBジャパンがコラボラボと協力した活動「#起業女子」による女性対象のSNS活用セミナーを知った。「自分がスキルアップして、カフェにかかわる女性たちへアドバイスができれば」と、4月に豊田市で受講。写真の撮り方や文章のまとめ方、発信側の心構えなどを学んだ。「とかくFBは告知に偏りがち。読み手側が何を望んでいるかを常に意識することが大切」と暁子さん。受講後のFBやインスタグラムでの反応も上々だ。

 イベントへの参加依頼が舞い込んだのは9月の事。全国約1000人の受講者から、滋賀県の女性と共に選ばれた。パネルディスカッションでは、カフェへの思いや現状、FBの活用状況などを紹介。全体で共有した。

 カフェはこの冬で6周年。これまでの活動が実を結びつつある。チャレンジの場として定期的に同カフェを借りて焼き菓子店を開いていた20代の女性が、来春店舗を構えることになったのだ。経験を積み、満を持して夢の第1歩を踏み出す。暁子さんはこの女性に、FBのビジネスページの持ち方などをアドバイス。貴仁さんも店舗のデザインや建築的なサポートをする。

 暁子さんは来年、自身が受けた「#起業女子」のセミナーをカフェで開催する計画。「まちの中から輝く人を発見して応援する場所にしたい。女性が働く形はいろいろ。これからもSNSや場所を提供することで、働きたい女性のお手伝いをしたい」。

2017/11/01 のニュース

アニバーサリーイベントで主催者らとディスカッションする暁子さん(東京都内で)=井上さん提供

コミュニティカフェ・ファンファクトリーのFB画像=同

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.