伊豆七島・神津島を撮る

蔵王山から181キロ先に望む/アマ写真家・嶋勝康さん

2017/11/05

 豊川市赤坂台のアマチュア写真家、嶋勝康さん(77)は、田原市蔵王山から伊豆七島の神津島の撮影に成功した。

 撮影したのは台風22号が去ったばかりの10月30日の午前6時頃。蔵王山の展望台から、快晴の水平線に日の出が奇妙なシルエットを捉えた。「雲でも船影でもない。伊豆七島の神津島だ」と嶋さんは確信。「光の屈折現象で蜃気楼のように浮かび上がったのでは」と推測する。

 嶋さんは昨年12月から今年の3月まで晴れの日に、蔵王山に何度も通って伊豆七島の島影を狙った。日の出直前の水平線を追ったものの、それらしきものは確認できなかったという。

 そして今回、ついに蔵王山181キロ先にある神津島中央の天上山を捉えた。写真の手前は伊古部海岸付近。神津島は、その先に神秘的な姿を見せている。

2017/11/05 のニュース

撮影した神津島

蔵王山からの方位

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.