秋のひととき 芸術に触れる

新城できょうまで「イ・マエストリ2017」

2017/11/05

 一つの分野で優れた技能を持つマエストロ(芸術家)たちの集まる催し「イ・マエストリ2017」が4日、新城市門谷の旧門谷小学校で始まった。5日まで。

 8回目の今回は、県内外から46人のマエストロが、陶芸、木工、ガラス、絵画などの作品を持ち寄って店を開き、25店の飲食、アクセサリーなどのブースも並んだ。

 初日の会場には、朝から次々に人が訪れ、紅葉の始まったイチョウの木の下で癒やしのひとときを過ごしていた。

 今回も、豊川在住の熊谷典人さんの弾き語りや巨大人形パフォーマンスを行う。旧校舎内では3回目となる「このは美術館」も開かれ、豊橋創造大学幼児教育保育科の園児の作品301点、明照保育園園児の作品110点、ぺんてる株式会社から借用した作品100点も展示されている。

 主催するカフェ爾今(にこん)の白井鶴七さん(67)は「何よりも好天に恵まれてよかった。年々来場者が増え、昨年は3000人を超えた。今年は地元情報誌での紹介もあり4000人近くになるのでは」と期待を語る。

2017/11/05 のニュース

朝から次々に来場者が訪れる会場(新城市門谷の旧門谷小学校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.