気になる部活動 校内見学

豊橋/藤ノ花女子高オープンスクール

2017/11/05

 豊橋市老松町の藤ノ花女子高校(山崎宏人校長)は4日、オープンスクールを開催した。主に、部活動の様子や学校の施設、制服の紹介を通して同校への理解を深めてもらうことを目的として、体験入学とは別に毎年実施している。

 参加者は、数人ずつのグループに分かれて、同校の教諭と生徒の引率のもと、それぞれの部活ごとに活動する様子を順に見て回った。同時に校内についても紹介した。希望者は、制服の試着も行った。

 本館4階の礼法室では、茶道部(白井須賀子顧問)が活動。3年生5人による、茶道「南坊流」のお点前(てまえ)を稽古する様子を見学した。このほか、調理部やESS部、本館中庭ではマーチングバンド部、武道場では日本拳法部や剣道部、グラウンドや体育館では運動系の部活動の様子を見学した。

 オープンスクールは、10月の実施に続き2度目。今回を含め計400人ほどの中学生と保護者が訪れた。

2017/11/05 のニュース

茶道部を見学する様子(豊橋市老松町の藤ノ花女子高校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.