「ナイン・テイルズ」来年1月公演

プラット開館5年記念に宮川彬良さん作品

2017/11/09

 穂の国とよはし芸術劇場プラットで来年1月20、21両日、ミュージカル「ナイン・テイルズ~九尾狐(クミホ)の物語~」が上演される。同劇場の開館5年記念企画。キャスト、スタッフとも実力派を起用した意欲作だ。

 中国や朝鮮、日本に伝わる伝説をもとに、九本の尾を持ち千年も生きる狐と人間との愛を描くストーリー。作曲家の宮川彬良さんが音楽を手がけた。

 当初は韓国で上演予定だったが、長くお蔵入りになっていた。同劇場の開館5年を記念し、初演が決まった。ミュージカル女優の昆夏美さんや俳優の小野田龍之介さんらが出演する。

 演出を気鋭の演出家の田尾下哲さん、振り付けをダンス界を代表する振付家の平山素子さんが担当。地元の観光協会や愛知大の学生も制作に協力している。

 6日に豊橋市役所で会見した宮川さんは「自分史に残る作品。長く上演され続けるミュージカルになるのではないか」と出来栄えに自信をのぞかせた。会見後には狐にちなんで豊川稲荷も訪れ、公演の成功を祈願した。

 1月20日午後1時と6時、21日午後1時からの3回公演。全席指定。料金はS席7000円、A席6000円、24歳以下3000円、高校生以下1000円。

 問い合わせはプラットチケットセンター=電話0532(39)3090=へ。

2017/11/09 のニュース

豊川稲荷の霊狐塚で物思いにふける宮川さん(豊橋市提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.