鮮やかな紅葉楽しんで

鳳来寺山もみじまつり開幕式

2017/11/11

 新城市鳳来寺山もみじまつり開幕式は10日、鳳来寺本堂で行われ、奥三河4市町村の関係者らが出席し期間中の安全と繁盛を祈願した。

 開幕式では、出席者らがモミジの玉串を奉納し、祭りの安全などを祈った。

 鳳来寺山一帯は県内有数の紅葉の名所として知られ、祭り期間中は県内外から数多くの観光客が訪れる。

 標高約700メートルにある鳳来寺の境内や表参道、沿道では、約1000本のカエデやモミジ、イチョウなどが赤や黄色に鮮やかに色付いた紅葉を楽しめる。

 今年は、鳳来寺表参道周辺でロウソクを灯(とも)す千の灯火、インド発祥の民族楽器シタールによる演奏会のほか、紅太鼓や物産展、長篠陣太鼓奉納が行われ、鳳来寺本堂では大祭が催される。また、浜松市ゆるキャラ「家康くん」と「直虎ちゃん」が来場する。

 祭りは30日まで。紅葉の見頃は11月下旬とされ、県内随一の美しい景観が観光客を出迎える。

2017/11/11 のニュース

穂積新城市長らが祭りの安全と繁盛を祈願した(新城市鳳来寺本堂で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.