豊橋市「市民の日」式典開く

愛市憲章実践者を表彰/「フォト&メッセージコンテスト表彰」初開催

2017/11/11

 11月4日から10日の愛市憲章週間にちなんで豊橋市民愛市憲章推進協議会(河合秀矩会長)は10日、「市民の日」式典を豊橋市公会堂で開いた。

 「第55回一日長の紹介」では、同日の朝に任命を受けた山本真由香さん(市立くすのき特別支援学校高等部3年)ら6人が壇上へ上がり、紹介された。

 「第49回愛市憲章実践者表彰」は、市民の手本となる愛市憲章の実践者として同市民愛市憲章の「わたくしたち豊橋市民は心を合わせ美しい町をつくりましょう」など5つの項目それぞれにふさわしい活動をしてきた人と団体を表彰。

 夏目克彦さん(78、鷹丘校区)、兵藤勝哉さん(83、磯辺校区)、三本木町自治会「三本木お互いさまの会」(団体、村川博美会長)、伊藤健一さん(74、汐田校区)、嵩山大念仏保存会(団体、坂本明大会長)らが登壇し、賞状を授与された。

 今回「フォト&メッセージコンテスト表彰」を初開催。同市民愛市憲章5項目をテーマにした写真とメッセージを募集し、審査した結果選ばれた作品を映像で紹介し
た。

2017/11/11 のニュース

愛市憲章実践者表彰を受賞した5人(豊橋市公会堂で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.