豊橋で一日長職務体感

市民の日を前に任命

2017/11/11

 豊橋市民愛市憲章推進協議会(河合秀矩会長)は「市民の日」(11日)を前に10日、豊橋市役所で「一日長」を任命し、愛市憲章実践者などを表彰した。

 市長、市議会議長、商工会議所会頭、警察署長、駅長、郵便局長の一日長を務める6人は、市役所での任命式を終えると、早速それぞれの「長」の職場を訪問。仕事内容の説明を聞き、職務の一端に触れた。

一日市長/山本真由香さん、書類にサインなど体験

 一日市長を務めた、市立くすのき特別支援学校高等部3年の山本真由香さん(18)は市役所4階の市長室を訪ね、佐原光一市長とまずは名刺交換。この日が64回目の誕生日の佐原市長に、学校で育てた花の苗などをプレゼントした。

 執務用のデスクで大きな椅子に座った感想は「緊張感がある」。未決裁の棚から書類にハンコを押し、サインする体験をした。

 学生生活ではなじみの薄い市政の現場を間近に見て「小さなことにも前向きに取り組んでいると思った」と話した。

一日豊橋商工会議所会頭/前川圭子さん、豊橋港周辺の市関連施設視察

 豊橋商工会議所では、エニシング(本社=東京都)の前川圭子さんが一日会頭を務めた。豊橋の伝統産業「帆前掛け」を手がける若手職人の前川さんは、帆前掛けをして登場。

 「このような場は初めて。今後も豊橋で帆前掛けを作り続け、未来へとつないでいきたいです」とあいさつ。職員から花束を手渡された。

 神野吾郎会頭は「伝統ある帆前掛けの技術伝承にがんばっておられる。会議所としてもサポートしていきたい。きょう1日がんばってください」と声をかけた。この日前川さんは、豊橋港周辺の市関連施設を視察するなどした。

一日警察署長/半田温子さん、安全キャンペーン活動行う

 豊橋署では、藤ノ花女子高校3年の半田温子さん(18)が、市内スーパーで安全を呼びかけるキャンペーン活動を行った。

 高齢者などにチラシや反射材を配布。制服姿の活動に「緊張した」と感想。「ぜひ反射材を利用してほしい」と交通事故の減少を願った。

 半田さんは、マーチングバンド部の部長。

 同署の安全イベントでパフォーマンスを披露した経験もある。間もなく運転免許の取得に励み、4月からはドライバーとなる。「速度を出さず、安全運転を心がけたい」と話した。

2017/11/11 のニュース

書類にハンコを押す山本さん(豊橋市役所で)

前川さん㊨と神野会頭(豊橋商工会議所で)

チラシを手渡す半田さん

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.