「ショップ豊商」大盛況

豊橋商業高校の販売実習

2017/11/12

 豊橋商業高校(豊橋市向山町)で11日、高校生がビジネスの仕組みを実践的に学ぶ販売実習「ショップ豊商」が開かれた。

 1990年に始まり、今年で27回目を迎えた同校の恒例行事。全校生徒が500円ずつ出資し、株式会社に見立てて運営する。3年生はクラスごとに商品を選び、仕入れから価格の決定、広告宣伝、販売、会計処理までを協力して行う。

 この日の朝、会場の同校体育館前にはオープン前から長蛇の列。開場からものの数分で、場内は大勢の人でごった返した。

 新鮮な野菜や水産加工品、和洋菓子や日用品が店頭にずらりと並んだほか、今年は焼きそばやチョコバナナといった屋台のような軽食を豊富に取りそろえた。

 品定めする客に生徒たちは威勢良く「いらっしゃいませ」と声をかけ、テキパキと接客した。

2017/11/12 のニュース

にぎわう「ショップ豊商」の会場

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.