恒例の本宮山登山に挑戦

ひかり保育園年長児『仲間と一緒に頑張ったよ』

2017/11/18

 豊川市金屋本町のひかり保育園(伏見昭道園長)の年長児26人は17日、本宮山登山に挑戦。全員が高さ789メートルの山を登り切った。

 保護者や職員合わせて約40人は、JR豊川駅から飯田線で長山駅へ。それぞれが自分の荷物を背負い、登山口から山頂を目指した。

 急な岩場にもへこたれず、1人も脱落することなく約2時間30分で山頂に到着。先に着いた子供たちは「もうちょっと」「頑張れ」と、遅れた園児に声援を送っていた。

 担任の高島聡子先生(28)は「クラスがまとまって、子供の成長を感じる。仲間がいるから頑張れたと思う。大変だがやって良かった」と話した。

 同園では体力づくりをモットーに、赤塚山や愛知県民の森、東三河ふるさと公園などへの散歩を取り入れた保育を実施。年長児は10月、同園から石巻山山頂(高さ346メートル)までの往復23キロを歩き切っており、この本宮山登山は集大成の場となっている。

2017/11/18 のニュース

元気に登る園児たち(本宮山で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.