国坂トンネル貫通に熱い握手

国道23号蒲郡BP/稲葉市長と山脇豊川市長/関係者ら樽御輿などでお祝い

2017/11/26

 名豊道路の一部として整備が進む国道23号蒲郡バイパス(幸田町芦谷―豊川市為当町、15キロ)のうち、蒲郡市と豊川市にまたがる国坂トンネル(仮称)坑内で25日、貫通式が行われた。地元住民代表や行政、工事の関係者らが参加し、貫通を祝った。

 式典で稲葉正吉蒲郡市長と山脇実豊川市長、今枝宗一郎財務大臣政務官、国土交通省中部地方整備局の塚原浩一局長がそろって貫通の掘削指示ボタンを押すと、爆音とともに後ろの垂れ幕が外され、トンネルの向こうから光がさした。通り初めの儀では稲葉市長と山脇市長が貫通を祝って熱い握手を交わし、工事関係者による樽御輿(たるみこし)の練り歩きや鏡開きなどで祝った。

 同トンネルはバイパス東部区間の豊川為当インターチェンジ(IC)から蒲郡IC間にある3つのトンネルのうちの1つで、豊川市御津町金野国坂から蒲郡市五井町山田を結ぶ延長678メートル。昨年10月に着工し、約1年間の工事期間を経て無事に貫通した。

 五井トンネルは昨年8月に貫通。残る豊沢トンネルは来年の貫通が見込まれる。

 塚原局長は「着実に進め、少しでも早く開通にこぎつけたい」と意欲を語った。

 未開通区間の用地買収について両市では、地権者との交渉など順調に進んでいるとした。

2017/11/26 のニュース

鏡開きをする関係者(国坂トンネルで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.