演歌などジャズにアレンジ

豊橋出身の作曲家・設楽泰史さんと歌手の惺蘭(せいらん)さん来社でPR/来月16日に地元でライブ

2017/11/29

 豊橋市出身の作曲家でギタリストの設楽泰史さんは、12月16日、シライミュージック(同市南栄町)で、歌手の惺蘭(せいらん)さんと、ジャズを中心とした「E―Jazz Live」を開く。東海日日新聞社に来社した2人は「演歌や歌謡曲もアレンジして演奏する。合間のトークも楽しんでほしい」とアピールした。

 ライブには同市出身のベーシスト、松浦直樹さんも出演する。設楽さんと松浦さんは、ともに豊橋工業高校出身で、米バークリー音楽大学に留学した。

 設楽さんたちは、「ジャズをもっと気軽に楽しんでほしい」という思いから、さまざまなジャンルの曲をアレンジし、東京や神戸でのライブで披露している。タイトルの「E」には、「エンターテインメント」や「いいじゃん」、「演歌」という意味も込める。

 曲目は、スタンダードジャズの「オール・オブ・ミー」のほか、「瀬戸の花嫁」、「みだれ髪」など。「老若男女が楽しめる空間にしたい」と意気込む。

午後7時30分開演。ペットボトル飲料つきで3500円。食べ物持ち込み可。

詳細はシライミュージック=電話0532(46)4654=へ。

2017/11/29 のニュース

ライブをPRする設楽さん㊨と惺蘭さん(東海日日新聞社で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.