小型高速搬送ロボ開発

無線給電方式/豊橋技科大とデンソー共同で/国際ロボット展に出展/冷蔵ショーケースへの商品補充なども想定

2017/11/30

 豊橋技術科学大学未来ビークルシティリサーチセンターとデンソー(刈谷市)は共同で、ワイヤレス(無線)給電方式による小型高速搬送ロボット「D―Depot」を開発し、29日から東京で始まった「2017国際ロボット展」に出展した。

 D―Depotでは、台車型の自走ロボット(搬送機)が、上下左右に配置されたストア(棚)から製品の仕分けや取り出しなどを行う小型コンテナを搬送する。コンビニなどで、ボトル飲料の冷蔵ショーケースへの商品補充なども想定している。

 搬送機は走行ガイドウェイから無線で電力の供給を受け、走行しながらバッテリー充電を行う仕組み。同大学の大平孝教授らが研究を進めている、電化道路からの給電システムと同じ原理を応用して開発された。送電側の電極を搬送機側の電極が両側から挟むサンドイッチ構造を考案。走行時の揺れにより電極間の距離の変化でおこる、給電効率の低下を抑えている。

 搬送機は、充電やバッテリー交換のための停車が不要で、連続運転が可能。バッテリーの軽量化とコスト削減も実現できる。非接触型のため、電極部の保守が不要で、ラインの変更も容易にできる利点もある。

 デンソーは自社工場内のラインにD―Depotの導入を計画している。

2017/11/30 のニュース

ワイヤレス給電方式による小型高速搬送システムのイメージ(提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.