ジャズの一流が集まる

生徒とコラボも/豊川特別支援学校

2017/12/01

 一流ジャズプレーヤーが集まったバンド「古野光昭フルノーツwith寺井尚子ジャズ・クインテット」のコンサートが11月30日、豊川市平尾町の豊川特別支援学校(河合千丈校長)で開かれた。児童・生徒たちも演奏に参加して楽しんだ。

 古野さん(ベース)と寺井さん(バイオリン)、川嶋哲郎さん(サックス)、板垣光弘さん(ピアノ)、小松伸之さん(ドラムス)の5人が訪れ、小学部と中学部合わせて約120人の前で演奏。ジャズの歴史を、その時代の曲を演奏しながら紹介したり、同校の校歌をジャズ風にアレンジして披露したりし、会場を盛り上げた。

 また中学部の代表生徒たちが「世界に一つだけの花」を、小学部の代表児童たちが「ミッキーマウスマーチ」を、バンドと一緒に演奏。ジャズとのコラボレーションを体験した。

 コンサートは文化芸術による子どもの育成事業巡回公演事業(文化庁主催)に、同校が昨年申し込んで実現。同月2日には古野さんらによる事前のワークショップが開かれた。児童生徒たちは実演や鑑賞の指導を受け、コンサートでは練習した手拍子やボディーパーカッションで共演した。

2017/12/01 のニュース

コラボ演奏をする同校中学部の生徒たち

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.