利用者らの笑顔あふれる

善銀サンタ今年も福祉施設慰問

2017/12/02

 善銀サンタ今年も―。豊橋善意銀行の理事、評議員、参事、ボランティアらがサンタクロースに扮(ふん)し、「善銀サンタ」として福祉施設を訪問する催しが1日に始まった。9日まで9日間にわたり、東三河の26施設を訪問する。

 初日には、豊橋市中原町の障害福祉サービス事業所「授産所ふくふく」(北尾健二施設長)に善銀サンタ3人が登場。施設の利用者40人を喜ばせた。善銀サンタ役の水野勲同行理事長は「市民の皆さんから寄せられた善意をお届けすべく、やって来ました。体に気をつけて、楽しいクリスマスとお正月を迎えてくださいね」と呼びかけた。

 善銀サンタが利用者一人ひとりのところへ行き、お菓子の詰め合わせを手渡すと「ありがとう」とうれしそうに笑顔で受け取った。

 施設へは、デジカメとポータブルDVDプレーヤー、男性用シェーバーが贈られた。

 その後、TFM合唱団による「ジングルベル」など数曲の合唱や、マジックショーを見たりして楽しい時間を過ごした。

2017/12/02 のニュース

プレゼントを手渡す善銀サンタ(豊橋市中原町の授産所ふくふくで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.