年末たすけあい活動がスタート

豊橋駅前で街頭募金など/豊橋善意銀行

2017/12/02

 12月に入り、今年も「年末たすけあい活動」がスタートした。豊橋善意銀行は12月1日を「善意の日」と制定し、市民への義援金を呼びかけたり、年末の各種行事などを通して、市民からの善意を広く募っている。募金の窓口は、豊橋市八町通の市八町地域福祉センター内、豊橋善意銀行=電話0532(52)7893。豊橋市内の金融機関でも受け付けている。28日まで。

 活動初日には、豊橋駅前で街頭募金とミニチャリティーバザーを実施。ボランティア総勢26人が募金を呼びかけたりした。期間中、豊橋善意銀行では、個人や家庭、グループ、企業、学校などからの募金を広く募集。募金活動をする際は、募金箱の貸し出しも行っている。

 寄付金は「特定公益増進法人」として税法上の優遇措置が適用される。寄せられた義援金と物品は、福祉施設入所者(児)への衣料品やクリスマス慰問時のプレゼント、小中学校入学、進学、卒業生祝い品贈呈、障害者はたちのつどいの祝い品、交通遺児の激励金、災害義援指定金贈呈などに活用される。援助対象者は約1万人。

 物品の寄付等、同行への持ち込みが困難な場合は、同行による訪問引き取りも可。

2017/12/02 のニュース

街頭募金をする豊橋善意銀行ボランティア(豊橋駅前で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.