地元学生ら料理提案で関心集める

東栄町鶏の市チキングルメレシピコンテストで地域活性化へ

2017/12/05

 約9年前にJA愛知東が肉用若どり加工処理を廃止したのに伴い、東栄チキン(平田享司代表)が生産と加工品販売の事業を引き継いだ。現在では、東栄町も地元特産品のブランド化を後押し、官民一体で地域を盛り上げようと取り組んでいる。

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/12/05 のニュース

コンテストではさまざまなレシピが提案された

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.