「強くなれる」地元豊橋へのこだわり

内藤RISE初Vで証明/賞金「母と祖母を旅行に」

2017/12/13

 キックとパンチの応酬が見どころの「RISE 121」(先月23日、東京ドームシティホール)の「DEAD OR ALIVE トーナメント」で、豊橋市出身の内藤大樹選手(21)が初優勝した。地元にこだわり「豊橋でも強くなれることを証明できた」と喜ぶ。

 10年ぶりに開かれた同大会は、1日で3試合(11ラウンド)をこなす強行スケジュール。それでも内藤選手は気持ちを切らさず勝ち進み、最後もKO勝ちを収めた。「応援してくれる人たちに結果で恩返しをしたかった」。

 格闘技との出会いは年中組のころ。礼儀を身に付け、強い男になってほしいという母親の願いから空手を始めた。北部中学2年で全国優勝し、翌年にはシュートボクシングに転向。3年前、日本スーパーバンタム級王者になった。

 昨年、別の大会で敗れた那須川天心選手に再挑戦する機会が今大会の優勝者に与えられることも、内藤選手の原動力になった。「何が何でも優勝したい気持ちが強かった」と回想する。来年には雪辱を期して対戦する予定。

 愛知大豊橋校舎にある地域政策学部の4年生。卒業後は豊川市内の企業に就職し、働きつつ競技を続けるつもり。大学で学んだ「まちづくり」への興味から、将来的に「豊橋で試合をして、少しでも街なかの活性化になれば」と夢見る。

 母子家庭で育った内藤選手にとり、王座奪取の活躍も母親ら家族の存在抜きには語れない。いまも豊橋市内の実家で暮らし、減量中は母親が食事の管理でサポート。優勝賞金200万円の使い道を記者に問われ「母親や祖母を旅行に連れていきたい」と笑顔で答えた。

2017/12/13 のニュース

RISEのチャンピオンベルト(右側)とシュートボクシングのベルトを肩に、内藤選手(豊橋市役所で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.