「強くなれる」地元豊橋へのこだわり

内藤RISE初Vで証明/賞金「母と祖母を旅行に」

2017/12/13

 キックとパンチの応酬が見どころの「RISE 121」(先月23日、東京ドームシティホール)の「DEAD OR ALIVE トーナメント」で、豊橋市出身の内藤大樹選手(21)が初優勝した。地元にこだわり「豊橋でも強くなれることを証明できた」...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/12/13 のニュース

RISEのチャンピオンベルト(右側)とシュートボクシングのベルトを肩に、内藤選手(豊橋市役所で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.