クライマックスも豊橋で

「陸王」ロケ駅前熱気/きょうも市役所前などで

2017/12/17

 佳境に入ったTBSテレビ日曜劇場のドラマ「陸王」のロケが、16日から2日間の日程で豊橋市内で行われている。

 ドラマは、老舗足袋業者の4代目社長が、会社存続を賭けランニングシューズの開発に挑む企業再生の物語。出演は役所広司さんや山﨑賢人さん、竹内涼真さんら。「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」でメガホンを取った福澤克雄さんが監督を務める。

 10月に放送が始まり、高視聴率をたたき出している。豊橋でのロケは今年9月に続き2度目。前回と同じ「豊橋国際マラソン選手権大会」のシーンで、大勢の市民がエキストラとして協力している。

 この日の撮影場所は豊橋駅前の広小路通りと市役所前。エキストラたちは、沿道からランナーを応援する観客の役を演じた。

 17日も、市役所前や豊橋駅前で道路を一時車両通行止めにして撮影が行われる。

2017/12/17 のニュース

撮影現場にはエキストラのほか見物客の人だかりができた(豊橋市役所で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.