小学生球児に熱烈野球指導

田原でヤクルト小川ら3選手が駆けつけ

2017/12/18

 田原市赤羽根町出身のプロ野球選手で、東京ヤクルトスワローズの小川泰弘投手(27)の野球教室が17日、同市小塩津町の渥美運動公園野球場で開かれた。市内の少年野球チームに所属する小学生約150人が参加し、プロの技を学んだ。ヤクルトの上田剛史選手(29)と石山泰稚選手(29)も応援に駆けつけた。

 投球方法について小川投手は「プレートにあわせて水平にまっすぐ立って、まっすぐ踏み出す」など、動作を交えて解説した。

 同日は「ライアン小川杯争奪学童軟式野球大会」の決勝も行われ、小川投手も所属した赤羽根スポーツ少年団が3―0で野田スポーツ少年団に勝ち、優勝した。

2017/12/18 のニュース

児童にボールの投げ方を教える小川投手(渥美運動公園野球場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.