勇壮で迫力の演奏披露

新城で子ども陣太鼓発表会

2017/12/18

 新城市長篠陣太鼓保存会主催の第28回子ども陣太鼓発表会が17日、新城文化会館大ホールで開催され、138人が見事な演奏を披露した。

 同保存会は、様々なイベントで演奏するとともに、和太鼓を通して子どもたちに自信、自立、連帯、郷土愛を学んでほしいと小学校などで指導。郷土芸能伝承者の発掘、支援にもつながっている。

 発表会は、同保存会が指導する団体の発表の場として毎年開かれている。今回は「元気!夢太鼓」、「山吉田子ども陣太鼓」、「東陽子ども陣太鼓」、「鳳来中部子ども陣太鼓」、「長篠陣太鼓中学部」の5団体が出演。ゲストとして作手和太鼓倶楽部「鼓響(ひびき)」、黄柳野高校和太鼓部「鼓虎」が登場し、女性チーム「紅太鼓」が友情出演した。

 「紅太鼓」には今年も新たに中・高生が加わり、若さあふれる迫力のある演奏となった。約2時間の勇壮で息の合った太鼓の演奏に、会場から大きな拍手が送られた。

 鈴木直博会長は「最初に教えた子どもが40歳を過ぎ、その子どもたちが長篠陣太鼓のメンバーになっている。これまでの取り組みが着実に成果をあげている」と目を細める。

2017/12/18 のニュース

山吉田子ども陣太鼓の演奏(新城文化会館で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.