今年の10大ニュースを発表

田原市

2017/12/19

 田原市は18日、2017年の10大ニュースを発表した。「それぞれが重要」との理由で順位は付けていない。

 市の重要施策や市政に影響のあった社会の動き、市民の関心や話題性の高かった出来事から選定したという。

10項目は次の通り。

 ホテル誘致など三河田原駅周辺の整備に進展

 日本文学者ドナルド・キーン氏が田原市博物館名誉館長就任(4月1日)

 表浜ほうべの森(谷ノ口公園)がオープン(同)

 福江中学校と福江高校が連携し、中高一貫教育がスタート(4月)

 沖縄県石垣島からのヤシの実投流が30回目の節目(5月29日)

 平成29年度都市景観大賞「景観まちづくり活動・教育部門」で「福中まちづくりプロジェクト」が大賞に選定(6月16日)

 第62回愛知県消防操法大会(小型ポンプ操法の部)で野田分団が初優勝(8月5日)

 田原市出身の清田真央選手が世界陸上ロンドン大会の女子マラソン日本代表として出場(8月6日)

 来年9月の世界サーフィン選手権と11月の全国丼サミット第10回大会の田原市開催が決定

 愛知県中学校駅伝大会で東部中男子が初優勝するなど田原市ゆかりの駅伝ランナーが活躍

2017/12/19 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.