加筆の請願「趣旨採択」

平和都市宣言文の犠牲者に「一般市民」を/請願者代表の野本弘幸さん「これで終わらせる気はない」/豊川市議会

2017/12/20

 豊川市議会12月定例会は19日に本会議を再開した。審議を行い、案件は全て原案通り可決、閉会した。

 議員報酬や市長などの給与を引き上げる旨の条例改正など14議案を可決。平和都市宣言文へ加筆を求める請願1件が趣旨採択、日立製作所跡地を約36億円で購入する方針の見直しを求める請願など4件が不採択となった。また、この日追加上程された「陸上自衛隊豊川駐屯地の隊員の削減抑制を求める意見書の発議について」の意見書は可決した。

 平和都市宣言文の中の犠牲者に「一般市民」の表記を加えることなどを求めた請願が、趣旨は理解するが、採択ではない「趣旨採択」であったことについて、請願者代表で、元市議の野本弘幸さん(81)は「残念だが、これで終わらせる気はない。行政は豊川市史で示していることと宣言文の内容との矛盾に気付くべき。これからも成り行きを見守っていきたい」と話した。

2017/12/20 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.