「初の海外でワクワク」

元旦からチェコ遠征/富永啓生くんが意気込み/桜丘校で初―バスケ男子U16日本代表

2017/12/23

 桜丘高校体育館で22日、バスケットボール男子U16日本代表として来年1月1日からのチェコ遠征に参加する富永啓生くん(2年)の壮行会が開かれた。

 同校初の日本代表選手となった富永くんは180センチ、67キロの左利き。正確無比な3点シュートと積極的な攻撃姿勢が持ち味。桜丘高ではエースとして得点力が期待されている。

 昨年実施した強化合宿でチームを指揮するトーステン・ロイブルHCから「ダイヤモンド」と絶賛され、U16代表に追加招集された。

 来年1月1日から1週間開かれるチェコ遠征では、招聘大会「クリスタル・ボヘミア・カップ」に出場し、世界各国の強豪国と対戦する。

 壮行会で、富永くんは「初の海外でワクワクしている。やれる手応えがあるし得意の3点シュートを高確率で決め活躍したい」と話した。

 桜丘高で指導する江崎悟監督は「日の丸をつける意味を理解しバスケの本質を知り、人として成長できればと期待している」と話した。

 元日本代表の父・啓之さんも「おめでとう。自分らしく頑張れ」と激励した。

2017/12/23 のニュース

富永啓生がチェコ遠征へ意気込みを語った

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.