OP映画作品決まる

ええじゃないか とよはし映画祭2018/3月2日から開催

2018/01/05

 「ええじゃないか とよはし映画祭2018」(同実行委員会主催、東海日日新聞社など後援)のオープニング作品が、同映画祭ディレクター園子温監督の「東京ヴァンパイアホテル 映画版」に決まった。

 同実行委が事務局を置く豊橋市が4日、発表した。映画祭は昨年に続き2回目の開催。3月2日から3日間の日程で、愛知県や豊橋市にゆかりの映画関係者が携わる作品を中心に上映する。前回会場になった穂の国とよはし芸術劇場プラット(西小田原町)と開発ビル(駅前大通2)に、今回はユナイテッド・シネマ豊橋18(藤沢町)も加わる。

 オープニング作品について園監督は「ドラマ版をさらに凝縮して、まったく新しいラストシーンで生まれ変わった今しか見られない映画です。(中略)日本映画にはめったにお目にかかれない派手な銃撃戦が豊橋で撮影されました。必見です」とコメントを寄せた。チケットは、上映作品の発表と同じ2月上旬に発売予定。

 プレイベントとして小学4~6年生が映画作りを体験するワークショップ「えいがっこ!」を2月3、4両日、こども未来館で行い、完成した作品を映画祭で上映する。定員15人(抽選)。19日までに申し込む。

申し込み・問い合わせは、市シティプロモーション課
=電話0532(51)2179=へ。

2018/01/05 のニュース

園子温監督

『東京ヴァンパイアホテル 映画版』©2017NIKKATSU

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.