指導育成に感謝、今年の健闘誓う

豊橋少年軟式野球連盟/2017年度納新年会

2018/01/09

 豊橋少年軟式野球連盟は7日夜、ホテルアソシア豊橋で、2017年度納新年会を開いた。来賓、関係者ら約220人が参加。野球談議に花を咲かせながら、今年の健闘を誓いあった。

 あいさつに立った今泉正彦会長は「昨年は県大会で素晴らしい成績を残せた。また礼儀正しさでも高い評価を得た1年だった。指導者に感謝する」と話した。

 来賓の佐原光一豊橋市長や同市体育協会の神野紀郎理事長、豊橋野球協会の高柳力会長らが、関係者の野球を通した青少年育成への尽力について、感謝を述べた。

 同市体育協会の宇野厚生顧問の乾杯で祝宴入り。桜丘高校和太鼓部の部員による力強い演奏が、会場を盛り上げた。

 第61回中日少年野球大会ポッカサッポロ杯愛知県大会(2017年8月、名古屋市)で、初優勝を収めた幸ヤンキースの赤尾兼治監督らチーム関係者も、壇上で報告をした。

最後は審判団で「ゲームセット」を元気に宣言し、閉会した。

2018/01/09 のニュース

祝宴を元気に締めくくる審判団(ホテルアソシア豊橋で)

県大会での活躍を報告する幸ヤンキースの赤尾兼治監督㊧と指導者ら(ホテルアソシア豊橋で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.