大学入試センター試験始まる

東三河地域でも2000人緊張の面持ち

2018/01/14

 大学入試センター試験は13日、全国で一斉に始まった。東三河地域では、豊橋技術科学大学と豊橋創造大学を会場に、約2000人が試験に臨んだ。

 豊橋技術科学大学では、1400人が受験。やや緊張した面持ちで会場入りした受験生らは、席に座り、試験官の指示に従って、受験票などを机の上の所定の位置に置いたり、携帯電話の取り扱いなどの注意事項を聞いたりした。

 1日目のこの日は、地理・歴史・公民と国語、外国語(筆記とリスニング)を実施。午前9時30分に1科目目が始まった。

 2日目の14日は、理科①、数学①、数学②、理科②の順で試験が行われる。

 今年の志願者数は全国では58万2671人で、昨年より6704人増加。愛知県では4万500人が出願した。

2018/01/14 のニュース

試験会場の様子(豊橋技術科学大学で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.