新病院・健診センター完成

16日開院地域医療へ意気込み/きょうも内覧会/樋口病院

2018/01/14

 豊川市諏訪の医療法人聖俊会・樋口病院(樋口俊寛理事長)の新病院・健診センターが、現病院隣地に完成。13日、竣工式と内覧会が開かれた。

 新病院・健診センターは、患者と検診受診者の入り口をそれぞれに設置。1階が病院の外来受付と各診療科になり、リハビリ室も完備。4階が病棟。健診センターは、2階の総合受付を通ると、中待合室から女性検診エリアと男性検診エリアに分けられ、受診しやすくなっている。

 ホテルを思わせるような待合空間を設け、検診への不安を取り除いてもらおうと配慮。女性にやさしい空間にこだわった。

 同病院は、1950年開設。地域医療に特化し、地域とともに歩んできた。竣工式で樋口俊寛理事長は、「高齢社会を見据え、地域医療・在宅・介護まで一貫して取り組み、信頼ある医療法人として精進したい」とあいさつした。

 健診センター長を務める樋口俊哉副院長は「地域の皆様の健康寿命を伸ばすために頑張っていきたい」と地域医療への意気込みを語った。

 14日も午前9時から午後3時まで内覧会を行う。開院は16日。

2018/01/14 のニュース

竣工式で感謝を述べる樋口俊寛理事長(樋口病院で)

樋口俊哉副院長と健診センタースタッフ(同健診センター待合室で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.