生き残りを懸けた戦略

【視点】公営競技の入場者数減―現状と展望

2018/01/15

 自治体が運営する公営競技は近年、入場者数が減少傾向にあるが、インターネットでの販売などを拡充して利益を保っている。豊橋市の「豊橋けいりん」と蒲郡市の「ボートレース蒲郡」は、競技場の改修工事などを行い、地域貢献の意識も高めながら幅広い世代に...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/01/15 のニュース

改修工事を進める豊橋競輪場

好調な経営が続くボートレース蒲郡の観覧席

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.