全国女子駅伝 愛知は8位

古川と川口力走 順位上げる/9区のアンカー鷲見が驚異的な追走

2018/01/15

 新春の京都・都大路を駆け抜ける皇后盃第36回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会(日本陸連主催)は14日、京都府京都市西京極総合運動公園陸上競技場を発着点とする9区間42・195キロで行われ、東三河ゆかりの選手たちが出場した愛知は、2時間17分44秒の8位で2年ぶりの優勝を逃した。兵庫が14年ぶり4度目の優勝を飾った。

 寒空の下で行われたレースは、序盤からハイペースで進んだ。愛知代表は1区の伊澤菜々花(豊川高卒)が32位と大きく出遅れたが、4区の古川璃音(豊川高1年)や6区の川口桃佳(福江中卒)が必死の走りで少しずつ順位を上げた。

 9区(10キロ)では、アンカーの鷲見梓沙(豊川高卒)が区間4位(31分52秒)3人抜きの驚異的な追い上げで順位を伸ばし、最後は昨年(5位)を下回ったものの8位でフィニッシュした。

 そのほか、堀優花や関根花観、猿見田裕香、清田真央など東三河ゆかりの選手たちも熱い走りで大会を盛り上げた。

 天皇盃第23回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は21日、広島市平和記念公園を発着点とする7区間48キロコースで行われる。

2018/01/15 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.