「とよかわ参歩」PR

運行列車に特製の系統板/名鉄

2018/01/17

 名古屋鉄道は、1DAYフリーきっぷを利用して豊川稲荷周辺の散策などを楽しめるキャンペーン「とよかわ参歩」の一環として、16日、特製の系統板を掲出した列車の運行を開始した。4月8日までの期間中に全線を走り、広くPRする。

 この日、豊川稲荷駅でお披露目され、市宣伝部長のゆるキャラ「いなりん」、地元商店街のキャンペーン参加店らが一緒に乗客へアピール。系統板を掲げた急行一宮行を見送った。

 系統板の掲出は3年目で、豊川稲荷の本殿の写真をメインに、真っ赤な車両やいなりんなどのイラストが描かれている。2枚作製し、列車の先頭と最後尾に設置した。同キャンペーンでは「とよかわお参歩きっぷ」、「豊川稲荷御祈祷&精進料理プラン」、15日に始まった「とよかわグルメきっぷ」などを展開している。

 同駅の松橋孝文駅長(55)は「電車を利用して来てもらえるよう、これからもがんばっていく。笑顔でお迎えします」と話した。

2018/01/17 のニュース

系統板を付けた列車をPRする関係者たち

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.