豊橋うずらサブレ誕生

新商品発表と試食会/スマイル―リンク/豊橋駅でサンプル配布しPR/フィナンシェに続く第2弾

2018/01/18

 各地の特産品の企画・販売を行っているスマイル―リンク(豊橋市、斎藤裕幸社長)は17日、豊橋商工会議所で豊橋うずら卵を使ったクッキー「豊橋うずらサブレ」の新商品発表と試食会を行った。豊橋駅東口駅前広場ペデストリアンデッキでは、豊橋うずらのPRとサンプルの無料配布を行った。

 2016年の発売以来好評の豊橋うずら卵を使った「豊橋穂の菓・おつつみフィナンシェ」に続く第2弾として企画した。「豊橋穂の菓」は、同社が立ち上げた豊橋土産の新ブランドだ。

 開発にあたっては、地元ビジネスマン約200人に豊橋の新土産アンケートを実施し、それをもとに開発。同市高塚町の内田ファームのうずら卵をふんだんに使い、同市菓子メーカーの斎藤製菓が製造。サクサクした食感でサブレのおいしさを引きだした。

 斎藤裕幸社長は「豊橋産のうずら商品を楽しんでいただくことで、生産量日本一のうずら卵をもっと地元の人たちに伝えていきたい」と話した。

 サンプルの無料配布では、マスコットキャラクター「うずラッキー」とともに、豊橋うずらのPRを行った。

2018/01/18 のニュース

「豊橋うずらサブレ」をPRする斎藤裕幸社長㊧とスタッフ(豊橋商工会議所で)

うずラッキーとともにサンプルを無料配布(豊橋駅東口駅前広場ペデストリアンデッキで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.