地域企業と連携し課題解決

「経営学部プロジェクト活動」成果を発表/豊橋創造大学

2018/01/18

 豊橋市牛川町の豊橋創造大学(伊藤晴康学長)は16日、本年度の経営学部プロジェクト活動成果発表会を開いた。プロジェクトを実施した同学部3年生と連携企業・事業所の関係者、教職員、同学部2年生が出席した。

 地域企業と連携し、学生らが自ら企画・立案・運営を行い、地域の課題解決に取り組むプロジェクト活動で、本年度は「Cafeの町豊橋」「豊橋エコタウン・プロジェクト」「のんほいパーク盛り上げ隊!」「SOZO SOCKS STATION運営プロジェクト」の4つを実施。

 それぞれの背景と目的、内容と成果を発表した。続けて出席者による投票を行い、「学部長賞」と「プロジェクト賞」の二つを優秀賞として表彰。いずれも「のんほいパーク盛り上げ隊!」が選ばれた。

 1年間、連携先としっかり連携し、さまざまな活動に取り組み、その成果を資料として発表したことが評価された。

 受賞した学生たちは「若年層への情報発信を目的に行った。広く一般の人たちへ周知できたと大きな成果を感じている」と話した。

2018/01/18 のニュース

学部長賞、プロジェクト賞ともに受賞した「のんほいパーク盛り上げ隊!」(豊橋創造大学で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.