豊橋市議・中村氏が県議選出馬へ

ひと回り大きな仕事できる職場を与えて/後援会新年会で意向

2018/01/22

 来年4月の県議選豊橋市選挙区(定数5)に、豊橋市議の中村竜彦氏(38)=自民=が立候補する意向を明らかにした。

 21日夜に市内で開かれた後援会の新年会で、中村氏は「来年4月の統一地方選で、ひと回り大きな仕事ができる職場を与えてほしい」と呼びかけた。「これまでの私を評価いただき、皆さんから『よしやれ』と言っていただけるようがんばる1年としたい」と決意を述べた。

 後援会長の小久保和之氏は「地域になくてはならない存在。県会進出に向けて、これからも力になってほしい」と支持を呼びかけた。来賓の佐原光一豊橋市長は「市の考えを正しく県に届けてほしい。応援の輪を広げて」と激励した。

 中村氏は豊川市生まれ。豊橋西高を経て成蹊大法学部卒。保険会社に勤務した後、衆議秘書などを経て2007年に豊橋市議に初当選し、現在3期目。

 同選挙区では同じく自民市議の杉浦正和氏(42)が出馬の意向を示している。

2018/01/22 のニュース

新年会であいさつする中村竜彦氏(豊橋市新栄町で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.