平地でも積雪の恐れ

名古屋地方気象台が注意呼び掛け

2018/01/22

 日本の南海上にある低気圧の影響で、22日は愛知県の山地を中心に雪となり、平地でも積雪となるところがある見込み。名古屋地方気象台は21日、路面凍結による交通への影響や強風、高波に注意するよう呼び掛けた。

 同気象台によると22日は、前線を伴った低気圧が発達しながら本州の南海上を東北東へ進むため、県内では次第に雨か雪となる見込み。

 同日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で山地3センチ、平地1センチ。

 23日からは上空に強い寒気が入り、冬型の気圧配置が強まる見込み。24日頃は平地でも積雪となって大雪となるおそれがある。季節風も強まり、海や山は荒れた天気になる見込み。強い冬型の気圧配置は27日頃まで続く見通し。

2018/01/22 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.