きょう夕方から平地でも積雪か

名古屋地方気象台/強風などにも注意喚起

2018/01/24

 強い寒気や冬型の気圧配置の影響で、24日夕方から25日にかけて、愛知県では平地でも積雪となり大雪となるおそれがある。名古屋地方気象台は23日、積雪や路面凍結による交通への影響、強風、高波、低温などに注意するよう呼び掛けた。

 同気象台によると24日は、北日本の上空約5000メートルに氷点下42度以下の強い寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置となる見込み。

 24日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で、県の平地と山地ともに5センチ。その後25日午後6時までの同降雪量は、10~20センチ。

 海や山は荒れた天気となる見込み。着雪による停電や倒木、風雪で見通しがきかなくなる恐れもある。ビニールハウスなどの農業施設の被害にも注意が必要だ。

2018/01/24 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.