家臣を従える様子描く

設楽原歴史資料館/第2弾の常設型の戦国疑似体験看板(トリックアート)

2018/01/24

 新城市では、来秋開催する世界新城アライアンス会議2018を見据え、外国人おもてなし事業の取り組みのひとつとして、2月10日から設楽原歴史資料館に置く常設型の戦国疑似体験看板(トリックアート)を作製した。 昨年9月には、新城図書館ロビーで長...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/01/24 のニュース

常設型の戦国疑似体験看板

有料会員募集

東三河学生就職NAVI「リクrooting」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.