超小型人工衛星「がまキューブ」製作佳境

地域の職人と大学の英知結集/宇宙から光発する姿「お楽しみに」/来年度JAXAへ引き渡し

2018/01/25

 愛知工科大学(蒲郡市西迫町)の工学部と地元企業が取り組む、超小型人工衛星「がまキューブ」の製作が佳境を迎えている。地域の職人たちと大学の英知を結集させて試行錯誤を繰り返し、完成に近づいている。西尾正則教授は「ゼロから物作りを進めてきた。完...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/01/25 のニュース

「がまキューブ」の製作について意見を交わす西尾教授=左から2人目=ら(愛知工科大学で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.