大筆に6年間の思い乗せ

筆職人・渡邊一明さん講師に迎え/鷹丘小6年生136人厳かに一文字

2018/01/27

 豊橋市鷹丘小学校(同市西小鷹野、山内潤次校長)は26日、卒業を控えた6年生136人が大筆を使用し、6年間の思いを込めた一文字をしたためる「一文字(いちもんじ)の会」を開催。校区在住の筆職人・渡邊一明さん(70)を講師に迎え、2009年から...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/01/27 のニュース

仲間に見守られながら、思い切りよく筆を運ぶ(豊橋市鷹丘小で)

思いを込めた作品が仕上がった6年3組児童(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.