大筆に6年間の思い乗せ

筆職人・渡邊一明さん講師に迎え/鷹丘小6年生136人厳かに一文字

2018/01/27

 豊橋市鷹丘小学校(同市西小鷹野、山内潤次校長)は26日、卒業を控えた6年生136人が大筆を使用し、6年間の思いを込めた一文字をしたためる「一文字(いちもんじ)の会」を開催。校区在住の筆職人・渡邊一明さん(70)を講師に迎え、2009年から続く恒例行事に児童らの卒業への意識も高まった。

 使用する大筆は、子どもたちが使いやすいように工夫をこらし、馬の毛を使用して渡邊さんが製作した太さ12センチ、長さ35センチのもの。児童らは、90センチ×70センチの大きな半紙に向かい、バケツに用意された墨汁を含ませ、重そうに抱えながらも思い切り良く筆を運んだ。2本の筆で、仲間に見守られながら代わる代わるに挑戦。やり直しなしの一発勝負に、厳かな時間が流れた。

 「輪」という字をしたためた蛯澤萌乃さん(12)は「とても楽しかった。やってみると上手に書けた。中学に行っても、みんなで協力してがんばりたいという思いを込めた」と話す。

 渡邊さんは「ほとんどの子が初めての経験。上手下手ではなく、一文字を一生懸命書いたことに拍手を送りたい。自分の思いを込めた字の意味を胸に抱いて巣立ってほしい」とエールを送る。

 全作品は児童自作の落款を押し、卒業式には会場壁面に展示される。

2018/01/27 のニュース

仲間に見守られながら、思い切りよく筆を運ぶ(豊橋市鷹丘小で)

思いを込めた作品が仕上がった6年3組児童(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.