「今後も安心安全な海を」

関係機関から謝意/「安全波乗隊」結成10周年

2018/01/31

 田原警察署はこのほど、地元のサーフィン愛好家らによる自主防犯ボランティア団体「安全波乗隊(なみのりたい)」が結成10周年を迎えるにあたり、記念式典および合同啓発活動を実施した。

 田原市赤羽根町の大石海岸(太平洋ロングビーチ)で同隊員らと署員らは、車上ねらい被害防止、水難事故防止の啓発活動や海岸パトロール活動を約45分間実施した。

 その後、同町の赤羽根文化会館で、記念式典を開催。同署をはじめ、同市防災局、同市消防署赤羽根分署、三河海上保安署、赤羽根校区・若戸校区コミュニティ協議会など関係機関から謝意の表明があった。

 開田裕二田原警察署長は「2008年の結成以来、年間約60件あった車上ねらいのほか、海難事故も激減している」と感謝。加藤昌高隊長は「隊員の高齢化対策が必要だが、今後も安全安心な海を提供したい」と決意表明した。

2018/01/31 のニュース

決意表明する加藤隊長

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.