明るい未来へのきざし感じて

華道池坊豊橋支部/5日まで花展

2018/02/03

 華道家元池坊豊橋支部(岩田淑子支部長)は、第39回目の花展「萌(きざし)…心をいける」を豊橋市駅前大通2のほの国百貨店8階催事場および9階特設会場で開催している。5日まで。東海日日新聞社など後援。

 期間中、2日ずつを前期・後期に分けて200瓶を披露。2会場を使って、ゆったりとぜいたくな空間に小品から大作までが並ぶ。

 ウメやボケ、スイートピー、スイセンなど、ひと足先に春を感じさせる花材を用いて個性ある花器に生けたものや、レリーフ仕立ての壁掛けに生けたりとバラエティー豊富。岩田支部長は、縦横2㍍を超えるスペースに、桜をメーンに生けた力作が存在感を示す。9階会場の、青年部による現代風住宅をイメージしたというキャンドルホルダーを花器に使用した斬新な大作も見もの。

 「心を込めて生けた花を通して、明るい未来への萌(きざし)を感じ取っていただけたら」と岩田支部長は話す。

2018/02/03 のニュース

小品から大作も並ぶ会場(ほの国百貨店で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.