鬼のお面かぶり気合じゅうぶん

たかくら幼稚園で節分の豆まき

2018/02/03

 わるい鬼はぼくたちがやっつける!―。豊橋市鍵田町のたかくら幼稚園(高倉宣夫園長)は2日、恒例の節分の豆まきを行った。

 園児らは鬼のお面をかぶり、気合じゅうぶん。高倉園長が裃(かみしも)に袴(はかま)姿で登場し、豆をまいて勢いをつけた。

 全員で「鬼は外!福は内!」と元気いっぱいに叫び、泣き虫鬼や怒りんぼ鬼などの悪い鬼を追い出し、福豆やアメなどの菓子を拾った。「まめまき」「おにのパンツ」の2曲も大きな声で歌った。

 鬼のお面は、園児らの手作り。年少は顔をめくると大きな口が現れ、年中はティッシュペーパーケースの取り出し口から目が覗(のぞ)くユニークなデザイン。年長はカラフルな毛糸を髪の毛に見立てるなど色とりどりの楽しいお面がそろった。

2018/02/03 のニュース

元気いっぱいの豆まき(豊橋市鍵田町のたかくら幼稚園で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.