家屋密集地の二川地区で消防訓練

豊橋消防本部 水利から長距離の放水など連携確認

2018/02/06

 豊橋市消防本部などは4日夜、同市二川町の二川宿本陣資料館などで消防訓練を行った。消防職員や消防団員約80人が参加。木造家屋の密集地帯からの出火を想定し、延焼拡大の危険性が高い地区での対応を確認して非常時に備えた。

 訓練は、資料館からの出火を想定した。隊員や団員は、3地点の水利からホースを資料館まで延長させて放水。最大でホース17本、約300メートルの距離をつなぐ手順などを確かめ合った。

 資料館がある二川地区は木造家屋が密集し、火災時には広い範囲に延焼する危険性がある。同本部は、2016年12月に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災を受け、豊橋市内の旧家屋密集地帯で訓練を開催。道幅が狭く、消防車両が近づけない場所での消火手順を確かめている。

 この日の訓練は、消防団「第四方面隊」が企画。自治会の協力も得て、旧東海道などを通行規制して実践的な形式で行った。同隊の朝倉稔隊長(45)は「無線のやりとりの中で混乱もあった。この経験を生かしていきたい」と話す。

 第四方面隊には、消防団が5分団あり各隊によって使用する周波数が異なる。大規模な火災時には、ホースの伸ばし方や水利の確保、通行規制など、多方面で質の高い連携が求められる。朝倉隊長は「無線の使い方や、夜間ならではの課題が確認できた」と訓練の意義を語る。

 同本部は、前芝地区や花園商店街など、旧家屋の密集地帯で訓練を重ねている。

 南消防署の戸田一康署長は「今後も消防隊と団員が連携して、あらゆる災害に備えてほしい」と講評した。

2018/02/06 のニュース

放水を行う消防署員と団員(豊橋市二川宿本陣資料館で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.