子どもら元気に雪遊び

豊橋LC30トンの雪用意/こども未来館でイベント

2018/02/06

 こども未来館(豊橋市松葉町)は4日、同館前オープンスペースと芝生広場で、雪遊びイベント「ゆきであそぼう」を開催した。冷たい風が吹きつけるなか子どもたちは寒さをものともせず、元気いっぱいに歓声を上げた。

 この日は豊橋ライオンズクラブ(LC、柴田高志会長)の協力で、滋賀県伊吹山から約30トンの雪を運搬。早朝から、同LC会員と同館職員らで会場設営を進めた。今年で6回目となる。

 芝生広場では、斜面を利用してそり滑りを楽しむ親子連れが、オープンスペースでは、的あてや雪だるま作りで楽しむ子どもたちでにぎわった。

 同LCは、温かい甘酒500杯、同館はコーンスープ200本を無料で用意。参加者は、冷えた体を温めた。柴田会長は「今年は晴天に恵まれた。普段、雪の少ない豊橋なので楽しんでほしい。子どもたちの笑顔を見るためにやっています」と話した。

2018/02/06 のニュース

雪遊びを楽しむ子どもたち(こども未来館で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.