本格フレンチに舌鼓

「テーブルマナー講習会」に359人/藤ノ花女子高

2018/02/14

 豊橋市老松町の藤ノ花女子高校は13日、同市花田町のホテルアソシア豊橋で「テーブルマナー講習会」を開いた。卒業を控えた3年生359人が参加し、同ホテルシェフ特製のフランス料理フルコースを実食し、洋食のマナーを習得した。

 同ホテルの宴会サービスアシスタントマネージャー、中井良和さんら2人を講師に迎えて、2会場で講習会を実施。生徒らは数人ずつテーブルに着き、前菜からメインの魚料理、肉料理、デザートへと順に料理が運ばれるごとに講師の説明を聞きながらナイフとフォークを動かした。合間には「楽しい」、「前菜がおいしかった」などと笑顔で話し、本格的なフレンチに舌鼓。中井さんは「わかりやすい説明を心がけた。おいしい料理を楽しんでいただけたら」と話した。

 講習会は同校の伝統行事で今回58回目。生徒らは、事前に映像を見て食事マナーを学んだり、専門用語を身に付けてこの日に臨んだ。山崎宏人校長は「和気あいあいとした雰囲気の中でおいしい食事をいただき、マナーを学ぶことは生徒にとってもよい思い出となる。学校としても大切な行事」と述べた。

2018/02/14 のニュース

マナーを学びながらフレンチを堪能する生徒

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.