縄文時代中期の説覆す痕跡確認

干し貝作り交易に活用/豊橋市坂津寺貝塚

2018/02/17

 豊橋市文化財センターは、同市牟呂町境松の坂津寺貝塚で、干し貝が交易に使われた痕跡を確認したと発表した。自給自足が主流だったとする従来の縄文時代中期の定説を覆す、貴重な発見だという。18日に現地説明会を開く。 区画整理に伴い、昨年5月から今...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/02/17 のニュース

炉と作業場の跡(豊橋市提供)

有料会員募集

東三河学生就職NAVI「リクrooting」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.