豊橋市がAIやIoT活用模索

業務や民間へ最先端技術導入急ぐ/東三河の自治体初/200万円上限に費用の半分補助も/関連事業2018年度予算案に盛る

2018/02/28

 豊橋市は人工知能(AI)や、あらゆるモノがネットでつながる「IoT」の活用を模索している。スピーディーに変化する社会の動きを捉え、市役所業務や民間の現場に最先端技術の導入を急ぐ。2018年度の一般会計当初予算案に関連する事業を盛り込んだ。...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/02/28 のニュース

講習会でAIの操作方法を学ぶケアマネージャーら(昨年10月、豊橋市内で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.